宮崎YEG-宮崎商工会議所青年部

Miyazaki Young Entrepreneus Group

活動の目的

宮崎商工会議所青年部委員会

  1. 青年部会員は、委員会活動の役割を担って、忍耐力、状況決断力、果敢な実行力のバランス感覚を磨き、新しい時代に向かうトップの気迫ある青年企業人をめざす。
  2. 青年部会員は、いずれかの委員会に属する。

総務委員会

  • 適正で明確な会計処理ができるようにし、決算を行う。
  • 広報記事の作成やホームページの運営を行い、閲覧者へ宮崎商工会議所青年部の活動内容などの最新情報を提供し、本会会員の募集・確保の実施、PR・発展の促進に寄与する。
  • 各事業の円滑な実施のための支援を行う。

I.R委員会

  • 世界中から注目される東京オリンピック・パラリンピックが行われる今年、I.R(インターナショナル・レディアント)委員会として、新たな情報を会員の皆様に発信していき、意味のあるYEG活動の手助けができるよう努めていく。また、宮崎から日本YEG会長を輩出する単会として、日本YEGを今より身近に感じて頂く為にも、より一層の情報提供に努めていく。
  • 青森県八戸にて開催される全国サッカー大会への参加を通して、各会員間の交流を図り、日ごろから運動をする習慣を形成し健康促進に繋げる。
  • 宮崎商工会議所青年部と、九州ブロック商工会議所青年部連合会並びに日本商工会議所青年部との「架け橋」的役割を担う情報発信を行い、長崎県島原市で開催するブロック大会動員数を上げるため、積極的に周知していく。
  • これまでご尽力された卒業生の先輩方々を、盛大に送り出すと共に、思い出に残るような温かい卒業式を作り上げる。

政策提言委員会

  • 従前宮崎YEGが行ってきた宮崎市との連携交流をさらに深めるとともに、必要な情報収集や調査研究を踏まえ、宮崎市に対する政策提言活動を行う。
  • 宮崎YEGに対する会員のニーズや宮崎YEGが地域社会に対して果たすべき役割を研究し、これを踏まえた宮崎YEGの中期ビジョンの策定に努める。
  • 納涼花火大会実行委員会との連携及び企画運営の補助を行う。

誠委員会

  • 歴史ある宮崎神宮大祭に参加することにより、中心市街地の活性化に寄与し、地域発展の一助となるよう積極的に活動する。
  • 神武こども太鼓を地域の方々に広く知って頂き、主役であるこども達が応援して頂けるようPR活動に取り組む。
  • こども太鼓・こども獅子の指導力強化及び新規指導者育成を推進する。

Eiiiマッチ委員会

  • 良い出会いを創出し、その仲間達との摩擦で心に火を灯し、強い企業になり、より良い宮崎の街にする。
  • 私達、若い起業家が先頭に立ち、新しいチャレンジをして行く。
  • 新入会員を50人以上増やす為に、多角的な方面から知恵を絞り、行動する。
  • 新入会員、入会歴の浅い会員が商工会議所青年部活動へ積極的に参加できる様にフォローする。又、現会員に対して新入会員の情報をその都度発信していく。
  • 夏の交流会、忘年会を通して会員同士の絆、会員家族間でも交友が深まるような企画、運営に努める。
  • メンバーが楽しんで活動する。

価値発信委員会

  • ビジネスに活用できる研修事業並びに勉強会を開催し、自己研鑽の場を提供するとともにメンバー同士のビジネスマッチングを創出する。
  • YEGメンバーとしての帰属意識の向上を図り各事業への積極的な参加を促すとともに、全ての事業が円滑に運営できるよう、情報の伝達・共有を密に行いメンバー相互の連携を深める。

楽えん祭委員会

  • 脈々と培われた経験を活用・踏襲し、かつ新たな試みも盛り込みつつ、宮崎の特色を活かす事業を行う。また同時に業種・規模の異なる企業の参加により地域社会との交流を図り、地域企業のPR・事業の発展に寄与できような、付加価値のある事業を展開する。
  • ビジネス研修を通して、宮崎商工会議所青年部メンバーへの有意義な情報提供と各事業所の発展を図る。
  • 祭事に関わる事業が多いため、委員会活動を活発的に行い委員会メンバー及び他委員会メンバーと協力し合い委員会活動を有意義なものとするよう努める。

総務委員会

総務委員会

I.R委員会

楽えん祭委員会

誠委員会

Eiiiマッチ委員会

価値発信委員会

政策提言委員会

共創委員会