宮崎YEG-宮崎商工会議所青年部

Miyazaki Young Entrepreneus Group

会長挨拶

結集! 連動! 躍動!!
~勇気と情熱が未来のみやざきを創る〜

(平成30年度スローガン)

平成30年度 第24代会長 前田真吾

平成30年度会長所信

『個人の力を結集、連動し、YEGの力で地域の未来を創る』

昨今、よく耳にする言葉に、「人口減少社会」、「少子高齢化社会」というものがあります。国立社会保障・人口問題研究所の統計資料によると、西暦2065年には日本の人口は約8808万人(2017年の人口 1億2653万人 30%減)、100年後には約5060万人(40%減)にまで減少するという衝撃的な予想が出されています。かつ、地方から大都市へ地域の担い手である若者世代を中心とした人口流出に歯止めが利かない状況が続いています。これは、大都市と地方都市の格差、地域間格差を生むことを意味し、近い将来、生き残る都市や地域とそうではない都市や地域に分かれる、所謂、「選択と集中」が行われる時代がすぐそこに来ているということであります。
 私たちが生まれ育ち、こよなく愛する郷土宮崎はどうでしょうか?責任世代と言われている私たちはこの問題に真正面から向き合わなくてはならない時代に生きています。
 私たちYEGは、綱領にある通り、すべては豊かで住みよい郷土づくりに貢献することを目的として活動をしています。特に青年経済人の特権とも言うべき「勇気と情熱」を前面に、次代への先導者となるべく活動を行っています。YEG活動を通じて私たちの親世代から引き継いだ宮崎をより元気に、より光り輝く宮崎にして次代へ繋げていくことよりほかありません。
 異業種の青年経済人集団であるYEGは、各個人が自社企業での様々な経験に基づいた素晴らしい知識や知恵を兼ね備え、そして、高い志を源とする情熱を持っています。各個人がYEG活動を通じて切磋琢磨し研鑽を積むことで更に個の力が磨かれ、より高みを目指す情熱が湧きます。それが結集し連動することで化学反応が起き、私たちの原動力になると考えます。
 その地域や街の魅力は、結局はそこに生きる人の魅力であると私は考えます。そこに生きる人が勇気と情熱を持って前向きに未来のあるべき姿を熱く語り合い追い求めているかどうかではないかと感じます。大切なことは様々な苦難の中で昨日よりも今日、今日よりも明日がより良き1日になるようにその瞬間瞬間をひたむきに全力で生きることであります。私たちが想う宮崎の未来は私たちでしか創造することはできません。私たち各個人の力を結集し連動させ、躍動する姿そのものが、魅力溢れる宮崎の象徴であり、躍動し続ける事こそが私たち地域のリーダーとしての役割・使命であると強く信じます。

『宮崎YEGプライドを胸に』

平成30年度は宮崎YEGが宮崎県連を受け持つ年度となります。また、九州ブロック、日本YEGへ多くのメンバーを出向者として輩出をさせていただきます。
まずは県連事業が一年間滞りなく実施できるように、そして県連加盟単会間の交流がより一層深まり、強い絆で結ばれるように宮崎YEGとして出来る限りの役割を果たして参ります。
また、九州ブロック、日本YEGへ出向するメンバーには、是非、全国各地の同志と交流を深めていただき、交流と研鑽事業から得られる沢山の宝物を自分自身に、宮崎YEGの仲間に、そして故郷宮崎に持ち帰って頂き、未来のみやざきを創る糧にしていただきたいと強く感じます。
宮崎YEGのポテンシャルは無限であると感じます。一人一人がこれまでより一歩足を踏み出すことで交流の輪が広がり自己実現に繋がり、引いては明るいみやざき創りに繋がると考えます。宮崎YEGプライドを胸に勇気を持って前進して参りましょう。

『平成30年度日本商工会議所青年部全国大会 日本のひなた みやざき大会 成功にむけて』

平成30年度は全国大会が宮崎県で開催されます。今まで以上に県連各単会との連動が求められ、招致からこれまで8年間の集大成の年度となります。全国大会に参加される全国の同志に宮崎の魅力を思う存分発信できるこれ以上ない絶好のチャンスであります。一方で開催年度となりこれから開催にむけて様々な困難があろうと想像します。私たちの想いの詰まった大会コンセプトに沿って一つ一つ丁寧に心を込めて積み上げていくこと、不可能と思われることを一つでも多く可能にすることが自分たちの理想とする大会となることへの道であります。道は決して平坦な道ばかりではなく、時には苦しい上り坂もあります。この坂を宮崎YEG一丸となり登り切りたいと強く感じます。私は、登り切った先に登り切った者しか絶対に見ることのできない素晴らしい景色が必ずやあり、それがこの先、私たち各個人、宮崎YEG、郷土宮崎の未来に素晴らしい宝物として残っていくことを強く信じています。宮崎県、宮崎市、親会、先輩方、関係各位からの十分な支えをいただいており、これ以上ない環境は整っています。未来を襷に込めて、宮崎YEGの力を結集、連動し、平成31年3月大会当日には躍動する宮崎YEGの姿を全国の同志にお見せしましょう。